東京で家族葬を行いたい方へ葬儀の実際をレビューします

家族葬の基本知識について

家族葬儀が人気になっている理由

近年、増えている葬儀の形式に家族葬があります。
家族、親族、友人など、ごく親しい身近な人だけを呼んで行う小規模の葬儀です。
そのため、故人とのお別れをゆっくりと行うことができるというメリットがあります。
また、小規模葬儀なので、費用の面でも経済的に済ますことができます。

費用が数分の一で済むのが第1のメリット

家族葬儀の費用の目安としては、50万円〜70万円くらいになるでしょう。
一般的な葬儀ですと費用平均は240万円程度となっていますが、家族葬の場合は100万円を越える事はまずありません。
ただし費用があまりに安いと葬儀がチープなものになってしまう可能性もあるので、それなりにお金はかけるようにしてください。
形式に嵌る必要がないので自由度が高く、葬儀屋と相談をすることによって自由葬に近い葬儀を行うことも可能です。

家族葬を行うには家族以外の参列者の気持ちも考える必要があります

いずれにしても複数の葬儀屋から見積もりを取って比較をしてみることです。
また、家族だけで葬儀を済ます場合は、故人が生前お世話になった方に挨拶状を送りましょう。
ここでの問題は、葬儀に誰を呼ぶかということですが、呼ばなかった方の中には「自分もお見送りしたかった」と思ってくれる方もいますので、そういった方へ失礼のないように配慮をすることです。
そのために挨拶状を出して、家族葬で葬儀を行う理由をきちんと知らせてください。
相手に理解してもらえれば家族のみの葬儀で終わらせてもいいですが、故人の立場によっては、葬儀が終わって落ち着いてからお世話になった方を招いてお別れ会を行うことも必要になります。
まとめてみると、身内のみで行う葬儀は経済的で故人とゆっくりお別れができるので増加傾向にはありますが、その分、他の方への配慮を怠れません。
故人に恥をかかせないようにしましょう。

最新記事